タイヤまわりなども汚れを落としておきましょう

車の査定の際、走行距離が短い方が高い査定額となります。


走行距離が長ければ長いほど車が悪くなってしまうからです。


そう言っても、走行距離メーターに何か細工を加えると詐欺になりますから、走ってしまったものは仕方ありません。


今後は車を売りに出すときの事を考え、無駄な距離を走らない方が良いかもしれませんね。


売りたい車の査定を受けようとする際には、車を丁寧に洗車し、車内の掃除も済ませましょう。


買取業者の査定員がたとえ海千山千であってもやはり人間なので、汚い車を見せられるよりはきれいに手入れされた車に良い印象を持つのは当然です。


そういうことだけでなく、車を洗っていない場合、わずかなへこみや小さな傷の有無が黙認できませんから、査定額が減る場合があります。


それから洗車をする場合、タイヤまわりなども汚れを落としておきましょう。


車の査定を受ける時は、面倒かもしれませんが、スタッドレスタイヤをつけて出すのではなく、標準のタイヤに戻しておきましょう。


一般に、スタッドレスタイヤはマイナス査定となる要因です。


もし、状態がいい場合はまとめてスタッドレスタイヤも買取を行ってくれる場合もあるかもしれませんが、走り過ぎて溝がすり減っていると、反対に処分の費用が必要かもしれません。


買取業者の査定を控えた時点で、車についてしまった傷やへこみをどうしたものかと判断できないケースもありそうです。


小さくて浅い、自分で修理可能な傷だったら、直しておくにこしたことはありませんが、別に修理に出さなくても問題ないです。


どうしてかというと修理して査定額が上がったとしてもたいがい修理代の方がはるかに高くなるためで、自分ではどうにもできないような傷なら修理は考えずにそのままで査定を受け成り行きに任せましょう。


車検が切れた車の査定についてはまったく問題なく査定は受けられますが、しかし車検切れの車は公道走行不可ですから、出張査定を受けることになります。


律儀に車検を通した後で売ろうとするよりも、いっそ車検は切らしたままで売りに出す方が得になるので、そのまま出張査定をうけることを決断しましょう。


そしてこんな時も一つの会社に査定を頼まずいくつかのところで査定を受けるようにすると少々手間ですがそれを上回るメリットがあります。