離婚調停を有利に進めたい!

協議離婚が成立しなかった場合、離婚調停をおこないます。


離婚調停は長引くと1年ほどかかることもあります。


こうなると離婚を申し立ている妻(夫)の負担は大きくなります。


ここでは、離婚調停が長引く原因と離婚調停を早く終わらせる方法を解説します。


さて、離婚調停には具体的にどの程度の期間を有するのでしょうか。


実際に離婚調停を検討されている方や離婚調停の申立をされた方も、離婚調停にはどの程度の期間を有するのかというのは、とても気になるところだと思います。


そこで今回は、離婚調停の期間について、ご説明のほうをさせていきただきたいと思います。


協議離婚では決着がつかない場合に行うのが離婚調停ですが、その期間は大体3ヶ月?半年ほどと言われています。


この期間をできるだけ短く、有利に解決するための方法をご紹介していきます。


離婚調停をすると、相手と顔を合わせずに離婚の話し合いをすすめられるなどのメリットがありますが、有利にすすめるには弁護士に依頼することが重要です。


離婚調停を弁護士に依頼すると、手間が省けて交渉を有利にすすめられますし、精神的にも非常に楽になります。


離婚調停に臨むにあたって、調停委員からの質問にしっかりと答えられるよう、準備をしておく必要があります。


最初の調停日に聞かれる質問は、ほぼ決まっていて、そのときの回答をもとに個別の内容を聞かれることになります。


自宅で事前に練習しておくと良いでしょう。


依頼者:男性(50代 自営業者) 相手方:女性(50代 アルバイト) 子ども:2人(但し2人とも大学生) 事案内容(相談までの背景) 依頼者は6年前に自宅を出ていましたが、これまできちんと妻と離婚の話し合いをしてきませんでした。


【PR】 離婚調停を検討している皆さまへ離婚調停の流れ、申立て方法、期間、費用などのおさえておきたい情報をまとめました。


離婚マニュアル