運動は苦手だったので、自分のペースでゆっくり歩いて買い物に行く

根っこのお野菜は糖質が多めなので葉野菜を多く取り入れてます。


お腹が空いたら、また少量のお米でおかゆを作って食べています。


甘いものを食べたくなったら糖質制限のプリンやアイスが手頃な値段でも売られているので、ショッピングモールを歩いて疲れた日に買って食べています。


自宅にいる時は、低糖質のお菓子を少し食べながらコーヒーでお腹を膨らませました。


運動は苦手だったので、自分のペースでゆっくり歩いて買い物に行くようにしたり、ショッピングモール内をゆっくり歩いています。


速く歩いたほうが効果的と言われますが、きついことは続かないなと思ったので。


あとは、スマートウォッチを購入し、歩数もでるので頑張った成果が目に見えますし、目標も出来て良いです。


ウォーキング以外で、趣味でアイススケートを始めました。


これも、自分のペースでゆっくり滑ります。


ゆっくりでもずっと滑っていると汗もかきますし、 運動している実感もあります。


滑れるようになると、やはり自分の体型も気になりますし、美しいシュッとした体で素敵なジャージを着て滑りたいという欲も出てきます。


それも、また良い目標だと思います。


体幹を鍛えるために、柔軟やヨガも無理のない程度でやっています。


ダイエットを始めて5ヶ月くらいになりますが、 7キロくらい落ちました。


ずっと食事制限を我慢するとリバウンドしそうなので 週末は普通にご飯もお菓子も食べています。


そるする事で、また一週間ガンバロー!という気持ちになれます。


体の変化は、やはり炭水化物の量が減ったので元々快便体質だったのが3日に1回くらいに減りました。


体重が目に見えて分かると、ここまで落とせたので 意地を続けながらまだ標準体型にはなっていないので これまでの努力を無駄にしたくないし、もう少し頑張っていく必要があります。


目標体重まで落とせたとしても、それから先の習慣が 続かないなとまた元に戻ってしまうし、糖質制限の知識をもっと学んだらまた効果的だと思うので、何かしら情報を得たいと思います。


また、現代は子どもの肥満も増加傾向にあるようで、 大人になってから肥満が原因で病気になってからでは遅いということで、 小学生のうちから、肥満度によっては学校から紙をもらってきて病院にいくようすすめられます。


今は脂質、糖質の多い食べ物も増えたと思います。


肥満度によっては栄養指導の先生が入ることもあるそうです。


子どものうちから、その意識を持っていくのも将来の健康を思う良い習慣になればと思います。