よろしい、ならばだ

着る人がいない着物や、親戚の誰々の着物とかいうのが、私の実家には多く保管されています。


出してみると保管状態が悪いものもありましたが、きちんと値付けしてもらえたのには驚きました。


聞いた話では、今時の中古着物は、ある程度のシミであれば、業者が染み抜きの手配をするため、買い取ることが増えているのだそうです。


そうはいっても、査定額はそれなりです。


でも自分でシミ抜きする手間を考えたら気楽ですね。


買取のとき、着物と一緒に持って行き、証紙を一緒に見せられるようにしてください。


証紙とは何かというと、反物の織り元や織物工業組合などで産地で、一定以上の品質の製品だと証明として発行された登録商標のことなのです。


もう必要ないと思うのか、捨ててしまう方や言われてはじめて、どこにあったかと思う方もいるようですがあれば高値がつくのではなく、ないと価値が下がって損をすると考えて、査定までに見つけておいてください。


自分の着物を手放したい、業者に買い取ってもらおうと思えば、一番気になることは買取価格に納得できるかどうかなのでしょうね。


相場があるのか、疑問に思うでしょうが、これが相場、という基準はありません。


素材の価値や仕立て、保管状況、丈や裄などによって買取価格が個々に決まります。


専門店に持ち込んで、プロの目を通すのが一番妥当な方法です。


査定は無料で行うのが当たり前になっているので電話かメールで、査定の予約をとってみましょう。


祖母の遺品を整理し、形見分けを進めているところ、欲しい人がいない着物や帯、小物がたくさんあることが分かりました。


処分を決め、買取業者を探してみると電話でのやりとりだけで無料で買取用の車を出すところも何軒かあると知りました。


整理して箱詰めするのも大変な量で、とうてい自分ではお店まで運べないとみんなで話していたので、それも感謝しなければなりません。


古い着物を買取業者に出すと、絹物は紬などの堅物も含めて案外高値がつくことがあり、箪笥の肥やしどころか業界ではお宝と言われています。


一方で、合繊・化繊やウール着物については、新品でも安価で売られているため、小額でも買い取ってくれるなら良いほうで、値段がつかない(引き取れない)こともあります。


古着屋さんやリサイクル店なら、引き取ってくれる可能性が高いでしょう。


まずは問い合わせしてみてください。


和服は高価だし思い入れもあるもの。


処分するときにも、誠実で手慣れた業者に依頼しないと、買い叩かれて損失を被ることがないとは言えません。


よくトラブルで耳にするのは、買い叩きが最も多く、ほかには宅配査定で断ったけれどなかなか返してもらえないなどですね。


あらかじめ相手の評価をネットなどで調べ、査定依頼すると良いでしょう。


ちょっと手間ですが中身の写真を撮影しておくと後々役に立つかもしれません。


私の友達が、亡くなったおばあさんから譲り受けた着物や浴衣があるけど、リサイクルに出したいけど、どこか買い取ってくれるところはないかと相談を持ちかけてきました。


素人が見てわかるくらいの傷みもあるので、査定しても買い取り拒否、なんていわれるかもしれないと思うので、余計悩むようです。


私もよくわかりませんが、売れる品でないと買い取らないだろうし、素人が見てもわかるような傷があれば、査定しても値はつかないでしょう。


はじめは業者を探していた友達も、他の人にも話を聞いた結果、買取を止めることにしたようです。


着物を売る前に、いくらで買い取るか査定を受けますが、着物を持って行った方がいいのか、自宅などでみてもらった方がいいのか売る方にとってどちらが有利か、と聞かれれば、可能なら店舗への持ち込みをすすめます。


自分が満足できる査定額でなかった場合に、他のお店の査定に持って行きやすいからです。


持ち込みは難しく、宅配か出張で査定してもらう場合、出張査定は無料サービスで査定額によっては、買取を断ることもできるときちんと明記しているか、調べてください。


子供が生まれたとき、お宮参りに着る訪問着を買うことにしました。


小物類はともかく、着物や浴衣本体はレンタルにしたかったのですが周りから、これから着る機会が何度もあるからといわれたのです。


ただ、手入れと保管の負担を何とかしたいと思っています。


晴れの席に着る着物なので、上質の素材で柄もきれいな着物を買いました。


美しさを保つために、季節ごとの手入れは欠かせませんよね。


桐箪笥で保管するのがいいとはわかっていても、今のわが家では、場所に余裕はないのです。


この先、七五三で着れば良しとして新しいうちに買い取ってもらう方がいいんじゃないかと思っています。


着なくなって久しい着物を処分するのに困っている人は少なくないでしょう。


ただ、いまは和服専門の買取業者さんというのが増えているのをご存知ですか。


たんすに眠ったままだった和服ですが、着る人がいてこそ活きてくるとは思いませんか。


査定料や相談料が無料の業者さんも多く、宅配便も利用できるなど昔よりだいぶ便利になっています。


それに、丁寧に保管していたものは意外と高値になることもあります。